作者的にといえば…